子育おすすめ記事

2020.6.11

[新型ウイルス]県立校の対外試合解禁 県教委通知 19日から段階的に

県教育委員会が、県立高校などの県立学校に対し、これまで自粛を要請していた部活動の対外試合について、19日からの段階的解禁を通知したことが9日、分かった。対外試合の再開に門戸が開かれたことで、各競技の代替大会開催の動きなどに進展がありそうだ。

県立学校の部活動は8日から順次再開している。県内の新型コロナウイルスの感染状況が落ち着いていることなどから、十分な感染対策を講じた上での対外試合を解禁した。ただし、感染が再び拡大すれば変更もあり得るという。
通知によると、19日からは県内校との練習試合や合同練習を実施できるほか、7月10日からは県内校のみが参加する県内での大会やコンクールへの参加も認める。必要に応じて宿泊も認める方針。
部活動を巡っては、県高校野球連盟が独自の代替大会開催を決定。県高校体育連盟も各競技の専門部が代替大会実施の可否を検討している。

2020年6月10日

記事一覧に戻る

記事一覧

今ならトライアルセットを無料でお届けします!

トライアルセットを申し込む

新潟日報の購読を申し込む