子育おすすめ記事

2020.5.27

[新型ウイルス]家時間DVDの先生と挑戦 学習、生活映像楽しく 新潟・東特別支援学校が作成

新潟市立東特別支援学校(同市東区)の教職員が、自宅学習支援のDVDを200枚作成し、全校児童、生徒に配布した。同校は新型コロナウイルスの感染対策で、今月末まで午前授業が続いている。家庭で過ごす時間が増えた子どもたちに向け、学校とのつながりを持っていてほしいと企画した。
DVDは、家族と一緒にできる運動をはじめ、手洗いなどの日常生活指導も加えた内容。教職員ら自身が登場することで「子どもたちも興味を持って挑戦してくれると思う」と狙いを語る。
ダンスなど体を動かす「体育」のほか、音楽、家庭科などの授業の要素も取り入れた。有名ゲームを模して海賊の衣装を着るなど、見せ方を工夫した映像を考えた。
撮影では、教職員が料理に関する本の読み聞かせを行いメニューを実際に調理したり、ゲームをしながら数字を順番に数えたりした。日常生活の指導では、歌に合わせて手洗いや歯磨きをする場面も入れた。
撮影に参加した教員、渡部久美子さん(43)は「子どもたちが見て楽しい気持ちになってもらえたらうれしい」と話した。

写真=自宅学習支援の映像作成で、数え方を楽しく教える東特別支援学校の教職員=新潟市東区

記事一覧に戻る

記事一覧

今ならトライアルセットを無料でお届けします!

トライアルセットを申し込む

新潟日報の購読を申し込む