子育おすすめ記事

2020.2.12

小千谷 親の姿勢アドバイス

中高生の保護者を対象とした進路に関する講演会が、小千谷市土川1の市民会館で開かれた。関東学院大(横浜市)の特任教授で、日本進路指導推進協議会の山口和士会長が、親としての行動や心構えについて助言した。
小千谷高校が主催し1月下旬にあった。市内の中学生の保護者にも参加を呼び掛け、約140人が集まった。
山口さんは長年、群馬県内の公立高校で教員を務め、生徒との個別面談に力を入れるなど進路指導を担当した。現在は全国で講演活動をしている。
山口さんは「必ず子どもと将来を語り合う時間を持とう」など、子を支える10の条件を示した。受験を巡る状況が変わる中、親が自ら学校の説明会などで情報を得た方が良いとし、「自分の体験を押し付けてはならない」と子どもに寄り添う姿勢の大切さを強調した。

2020年2月8日

記事一覧に戻る

記事一覧

今ならトライアルセットを無料でお届けします!

トライアルセットを申し込む

新潟日報の購読を申し込む