子育おすすめ記事

2020.1.30

不思議な技児童びっくり 上越・春日新田小 マジシャン・カズさん 母校でショー

県内外のショーイベントに出演しているマジシャン・カズさんのマジックショーが20日、上越市の春日新田小学校で開かれた。全校児童約380人の前で驚きの技の数々を見せ、会場を沸かせた。
カズさんは同市出身で、同校のOB。子どもたちにさまざまな職業があることについて考えてもらおうと同校が企画した。
カズさんはバラバラのリングを次々につないでいく技などを実演。鋭い剣の切っ先が、アシスタントに選ばれた男性教諭の首を傷つけずに貫通したように見えるマジックを披露すると、子どもたちは「えー!」「なんでなんで」と驚いていた。
続いて、キャリア教育の一環で6年生に向けた講演会も開かれた。カズさんは、就職後もマジシャンになることを諦めきれず、仕事を辞めて夢を追いかけた経験を語った。「好きなことにはとにかく一生懸命になった方が楽しいし、今は苦手な勉強も必ず役に立つ。たとえ挫折しても、努力は次の夢の糧になる」と呼び掛けた。

2020年1月22日

記事一覧に戻る

記事一覧

今ならトライアルセットを無料でお届けします!

トライアルセットを申し込む

新潟日報の購読を申し込む