子育おすすめ記事

2020.1.9

英語で思い伝えよう! 小中学生スピーチコン 阿賀野

阿賀野市内の小中学生が英語でスピーチする「市長杯プレゼンテーションコンテスト」が、同市山崎の市ふれあい会館で開かれた。子どもたちは身ぶり手ぶりを交えながら、将来の夢や学校での取り組みなどを生き生きと語った。
コンテストは英語に親しみ、力を伸ばしてもらおうと、市などが2016年から始めた。4回目の昨年は12月25日に行われ、市内の5小学校、3中学校から計27人が出場。子どもたちは英語で作文を作り、発音や暗記など多くの練習を重ねて本番に臨んだ。
小学生の部では絵本「はらぺこあおむし」の暗唱発表のほか、「伝えよう!私たちの学校」などをテーマに太鼓クラブの活動や自然に囲まれた学校の魅力などを発表した。中学生の部では、将来の夢や大切な友人への思いなどが力強く語られた。

2020年1月7日

 

記事一覧に戻る

記事一覧

今ならトライアルセットを無料でお届けします!

トライアルセットを申し込む

新潟日報の購読を申し込む