子育おすすめ記事

2019.12.2

新潟県内国立3大学 民間検定試験 共通テストの枠組みでは活用しない方針

新潟大、長岡技術科学大、上越教育大の国立大全3校は11月29日、これまで活用を予定していた民間検定試験について、共通テストの枠組みでは活用しないとの方針を公表した。
民間試験の成績は6段階評価に置き換えられ、大学入試センターの「成績提供システム」を通じて各大学に提出される仕組みだった。今回の方針を受け、3大学とも共通テストの英語は、従来のマークシート式テストのみを合否判定に使う。
新大と技科大はこれまで、民間試験の受験を課し、評価に応じた点数を加点する方針だった。民間試験の導入見送りで大学入試センターのシステムが利用できなくなり、成績の管理が困難になった。
新大入試課は、経済格差や地域格差への対応が不十分だったことも踏まえ、「等しく受験を課すのは不適当と判断した」とする。工学部の「総合型選抜」に限り、一定の成績取得を出願要件にするが、例外も認める。
上教大は、一定以上のレベル取得を出願要件としていたが、民間検定試験を受ける必要がなくなった。本番が迫る中、同大は「大学独自で民間試験を活用する仕組みをつくるには時間がかかる」と説明した。

2019年11月30日

記事一覧に戻る

記事一覧

今ならトライアルセットを無料でお届けします!

トライアルセットを申し込む

新潟日報の購読を申し込む