子育おすすめ記事

2019.7.16

受験に効く ここがツボ   オープンスクール 感じた印象を大事に

7月から10月にかけて各高校では体験会やオープンスクールが開催されます。すでに各学校とも日時が発表されていますので志望する学校を訪問してみましょう。ただ、すでに申し込みを終了した学校もありますので、ご注意ください。
高校選びでは、部活動や高校卒業後の進路、自宅からの通学条件、制服デザイン、校舎のつくり、先生や在校生が醸し出す雰囲気などから、これから3年間学び、成長できるかをイメージできたらいいですね。高校に進学した先輩たちの生の声を聞くことも貴重なことだと思います。その学校のホームページも参考にしてみましょう。
自分が感じた印象を大事にしてください。学校訪問時にはいい学校と思えるけれど、その理由がぼんやりすることはよくあります。その印象を自分の言葉で伝え、家族の人に聞いてもらいましょう。そうすれば、その学校の魅力が具体的なものに変わり、強い志望動機となるかもしれません。
高校選びは、大人の視点では本人の学力が一番の基準となりがちです。しかし、入試日は来週ではなく、私立高校はあと7カ月、公立高校は8カ月以上あります。夏休みを含むこの間の学習の取り組みにより現時点よりも1ランク、2ランクの実力アップは十分に可能です。この学力向上を支えるのが志望する高校へ進学したいという思いですし、この動機が最も重要なものとなります。
さて、もうすぐ夏休み。大切なことは学習計画です。苦手な単元や入試によく出てくる単元を各科目4つずつ選択します。それを1週間単位で取り組む計画を立てることをお勧めします。ただ、最初に持ってくる単元は、苦手MAXではないものにしましょう。
(能開センター青山校・五十嵐俊)

 

2019年7月14日

記事一覧に戻る

記事一覧

今ならトライアルセットを無料でお届けします!

トライアルセットを申し込む

新潟日報の購読を申し込む